究極の片思いファンタジー [ウルトラミラクルラブストーリー]まとめサイト

松山ケンイチの受賞歴

『ウルトラミラクルラブストーリー』の陽一の演技で、主演男優賞などを受賞していますが、役柄になりきっての演技とちょっとクセのある人物を演じることが多いので、和製ジョニー・ディップとも言われている松山ケンイチさんです。なんでも松ケンが本物のジョニー・ディプをジャパンプレミで見たときには、ハリウッド大スターのジョニー・ディップが、ファンに対してサインしたり握手をしたりしている姿を近くで見て、カルチャーショックを受けたようですが色々なものを吸収しようという姿勢と、飾らない純粋なところ。そして役作りに関しても、果敢に演技に取り組んで行く姿勢などもとても魅力的です。

究極に面白い映画

全力投球で役を演じる

「カメレオン俳優」と言われるだけあって、徹底的に演じる役になりきる役者ぶりなのでそれを家庭にも持ち込んでいないのかが気になりますが、家庭があるからこそ頑張れるのでしょう。家庭ではどっぷり家族のお父ちゃんとして、子ども達の笑顔に癒されて仕事の疲れを忘れてしまうのがリフレッシュのようです。

「平清盛」は歴代大河の中の視聴率でかなりのバッシングを受けた低視聴率で、主演の松山ケンイチにはまだ荷が重かったとか、脚本が悪いとかいろいろなバッシングを受けましたが、出演したことにまったく悔いはない。と言い切っているところにも、潔さを感じます。それどころか、再び大河に戻ってくると松ケンの著書「敗者」で述べているので、持ち前のガッツも松ケンの魅力です。

大作映画の『男たちの大和/YAMATO』で角川春樹が震えたほどの印象を与えたことから、この作品以降に角川春樹プロデュース作品に連続して抜擢されるようになりますが、知名度が一気にあがって注目を集めた作品は2006年の『デスノート』でL役を演じたことです。映画の『デスノート』で松ケンが演じたLは、もう漫画そのものから本人が出てきた!!と、インパクトがありL役は松ケン以外は考えられないとまで言われるほど高い評価となったL役ですが、その後L役を他の俳優が演じていますが、やっぱらい松ケンのL以外は考えられないといわれるほどの高い評価をされています。この作品で若手の演技派として、松ケンは頭ひとつ抜けたといってもいいでしょうね。

若手の中で演技派として、認知されて高い評価を受けている松ケンが受賞している賞をご紹介してみましょう~

おさえておきたいマツケン作品

マンションとは、日本語ではアパートよりも大型の共同住宅(集合住宅)を表す一般名詞として使われています!伊勢崎 賃貸でお探しのお住まいを!
実店舗での試着もできます。ドレス レンタルのCORTINA(コルティーナ)は、200着以上のドレスをネットでレンタルできるWebショップ。結婚式や発表会、婚活などにもぜひご利用ください。

松ケン:受賞歴

  • 『男たちの大和/YAMATO』・・・・第30回日本アカデミー賞・新人俳優賞
  • 『男たちの大和/YAMATO』:『デスノート』・・・第31回 報知映画賞・新人賞を受賞。
  • 『男たちの大和/YAMATO』『デスノート』『親指さがし』・・・第28回ヨコハマ映画祭・最優秀新人賞
  • 『デスノート前編』・・・第30回 日本アカデミー賞・優秀助演男優賞
  • 『デスノート』『親指さがし』・・・2007年(平成19年)エランドール賞・新人賞
  • 『デスノート』シリーズ・・・第2回 アジア太平洋・プロデューサーズ・ネットワーク(略称APN)が選出するアワード賞
  • 『デトロイト・メタル・シティ』・・・第18回 日本映画プロフェッショナル大賞・特別賞
  • 『デトロイト・メタル・シティ』・・・第32回 日本アカデミー賞・話題賞、優秀主演男優賞
  • 『ウルトラミラクルラブストーリー』・・・第64回 毎日映画コンクール・男優主演賞
  • 『ウルトラミラクルラブストーリー』・・・第24回 高崎映画祭・最優秀主演男優賞()
  • 『マイ・バック・ページ』『GANTZ』『うさぎドロップ』『ノルウェイの森』・・・第24回 日刊スポーツ映画大賞・主演男優賞
片思いしてるあなたへ

究極の片思いファンタジー [ウルトラミラクルラブストーリー]まとめサイト
注目映画情報